フリーズドライの「アマノフーズ赤だし」は即席みそ汁とは思えない味

アマノフーズいつものおみそ汁「赤だし」を食べる

フリーズドライの大御所といえばアマノフーズ。
アマノフーズの味噌汁はフリーズドライでできているので具材が新鮮その物でおいしいです。

そのアマノフーズの味噌汁をお店で見ていたらなんと、「赤だし」があります。

たつじん

赤だしがあるやんか!

母親が愛知県生まれのため、小さい頃から家では赤だしの味噌汁を飲んでいました。
大人になった現在も赤だしが大好きです。

アマノフーズの「赤だし」なら味は間違いないはずです。
神奈川県在住なので近隣ではマルサンの「赤だし」以外に「赤だし」の即席みそ汁はあまり売っていません。

そこで、アマノフーズいつものおみそ汁「赤だし」を購入することにしました。

いつものおみそ汁「赤だし」について

今回購入したのはアマノフーズの「いつものおみそ汁」シリーズの「赤だし」です。
「いつものおみそ汁」とは、

具材にあわせて最も相性の良い“みそ”と“だし”を選び、こだわって作った、毎日食べたくなるおみそ汁です。

アマノフーズ「アマノフーズのおみそ汁

具材と「みそ」と「ダシ」の相性を考慮したこだわりのある味噌汁のようです。
具材に合わせた「赤だし」の味噌汁のようなので飲むのが楽しみになります。

「いつものおみそ汁」はアマノフーズの商品です。
そのアマノフーズのおみそ汁を初めて飲んだのは約10年前。
当時は「フリーズドライ」という言葉を聞いたことがなく、「おいしそうな味噌汁」と思って通販で購入しました

そのアマノフーズの味噌汁を飲んだところ、みそ汁の具材が即席みそ汁とは思えない新鮮そのもの。
とても驚いた記憶があります。

昔からあったのかもしれませんが、現在ではコンビニエンスストアのプライベートブランドでもフリーズドライの味噌汁を扱っています。
アマノフーズに限らず、フリーズドライの味噌汁はどこでも購入することができます。

たつじん

フリーズドライってなんや?

「フリーズドライ」という言葉を普段何も気にせず使っていますが、実際フリーズドライについてよくわかりません。
そこでフリーズドライについて軽く調べてみました。

フリーズドライとは

フリーズ(凍らせる)とドライ(乾燥)という単語の組み合わせから、「凍らせて乾燥」させたのがフリーズドライだろうと今まで思っていました。

実際のところも文字通りで、「凍らせて乾燥」させる技術がフリーズドライらしいです。

フリーズドライとは・・・調理したての食品を凍らせてから真空状態で乾燥させています。作りたてのおいしさをギュッと閉じ込めてお届けするための、「フリーズドライ」製法です。

アマノフーズ「アマノフーズ「フリーズドライ」のひみつ

ということらしいです。

このフリーズドライの製法によって作り立てのおいしさを味わえて、栄養価も損なわれにくいようです。

アマノフーズの赤だしを作る

アマノフーズいつものおみそ汁「赤だし」の袋を開け、中のトレーを取り出しました。
この状態だと味噌と一体化していて「ふ」はどこにあるのかわかりませんが、「豆腐」と「三つ葉」があるのは確認できます。

これが凍った水分が蒸発してスポンジのようになっている「フリーズドライ」の状態らしいです。

そしてフリーズドライの状態の味噌と具をお椀に入れます。
お湯を入れると10秒で出来上がるそうです。

お湯を入れたらフリーズドライの状態だったのが、おいしそうな赤だしの味噌汁になりました。
どこに隠れていたのか、「ふ」もちゃんと入っているのが確認できます。

アマノフーズいつものおみそ汁「赤だし」にはネギが入っていませんでした。
そこで、ねぎが大好きなので「ねぎ」をどっさり足してみました。

ただ、公式サイトによると「具材にあわせて最も相性の良い“みそ”と“だし”を選び、こだわって作った」のが「いつものおみそ汁」。

ねぎを足し過ぎると「最もよい相性」ではなくなってしまうかもしれません。

アマノフーズの「赤だし」を食べた感想

みそ汁といえばご飯と納豆。
そこで納豆と少しの野菜とご飯と一緒にアマノフーズの「赤だし」を楽しむことにしました。

まずは味噌汁の具から楽しむことにしました。

「ふ」は家で作る時入れることもなく、即席みそ汁の乾燥の「ふ」以外はあまり食べたことがないのでよくわかりません。

ただ、普段食べている「ふ」と異なり、柔らかくて新鮮な感じがします。
これがフリーズドライの力なんでしょうか。

次は「豆腐」です。
少し小さいかもしれませんが、豆腐は家でもよく食べます。

たつじん

これがフリーズドライ。。

普通の即席みそ汁の豆腐と明らかに食感が違います。
そのまんま豆腐の食感、味でとてもインスタントの具とは思えません。

最後に「三つ葉」です。
「三つ葉」は単独で味わう食材ではないかもしれませんが、「ふ」「豆腐」と同様に新鮮な素材そのものの食感です。

やはりフリーズドライの味噌汁は普通の即席みそ汁と比較すると具材のおいしさが格段に違います。

「赤だし」は具が「ふ」「豆腐」「三つ葉」です。
もし「なす」などの具材だったら違いをもっと大きく感じると思います。

肝心の味噌汁の味は。。

肝心の味噌なんですが、ダシが効いていてコクもあります。
フリーズドライの具に赤だしの味噌がしみ込んで、具をさらにおいしくしてくれます。

たつじん

八丁味噌が。。

ただ、期待していたのは「八丁味噌」のような塩辛い「赤だし」。
いつものおみそ汁の「赤だし」はあっさりした感じの「赤だし」。

いつものおみそ汁「赤だし」はおいしいとは思いますが、期待していた味ではありませんでした。

どうやら、アマノフーズには八丁味噌「焼きなす」という商品があったようです。
残念なことに現在は廃番商品。
復刻に期待するしかなさそうです。

気になるカロリーと価格

アマノフーズいつものおみそ汁「赤だし」のカロリーは1食26キロカロリーです。
普通の味噌汁と同じで低カロリーなので安心です。

定価は(税込)108円で、割引されていることはあまりないと思います。
基本的には定価で購入することになりそうです。

アマノフーズいつものおみそ汁「赤だし」の評価

フリーズドライといえばアマノフーズ。
フリーズドライなだけに具は生の食材のようで、もはや即席みそ汁の域を超えています。

ただ、八丁味噌のような「赤だし」を期待していました。
いつものおみそ汁「赤だし」はあっさりした「赤だし」。
自分が期待していた感じの商品ではありませんでした。

あっさりだけどダシが効いていておいしい味噌汁だったとは思いますが。。

商品名アマノフーズいつものおみそ汁「赤だし」
感想フリーズドライなだけに具がおいしいです。ただ、期待していた「赤だし」ではありませんでした。
評価

4.0

たつじん評価
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング


最近更新した記事